急にお金が必要になる場合に備える

急にお金が必要になり時に備えて、カードローンの契約を申込んでおくことを検討されるのも良いと思います。申し込んだとしても、今すぐにお金を借入するなどしなくても、備えとしておけるので、いざと言う時の為です。

カードローンも、消費者金融系カードローンや、銀行系カードローンなどあります。お金が必要になった時点で、申込んでも、審査などで実際にお金が借りられるまでに時間を要してしまうことも多いので、事前に準備しておくのが、ベストでしょう。

「即日借りられます」をうたっている会社もありますが、審査がスムーズに通った場合のことであり、必要書類をすぐに準備出来た場合であると思った方が良いでしょう。

消費者金融系カードローンでも、低金利で大型の限度額の物も多く出ていますが、消費者金融系の場合、年収の1/3以下までしか、貸し出し出来ない「総量規制」という法律の絡みで、自分が希望する限度額での契約か得られないこともあります。

特に他社からも借入がある場合には、総量からその金額分も差し引かれることになります。

それに代わって、総量規制対象外になっているのが、銀行系のカードローンです。おおよそ○○銀行カードローン等の名称のものが多いです。

こちらは、総量規制対象外ですので、年収の1/3までといった縛りはありませんので、勤続年数や収入の安定性など、色々な属性から限度額が判断されますが、消費者金融系よりも大きな限度額が得られる場合もあります。

将来的に、「おまとめローン」などを検討する場合などにも有利でしょう。
利用しないで、済むことがベストとは思いますが、急にお金が必要になる場合に備えて、検討されるのも良いと思います。